30万円借りたい 種類

キャッシングの種類編

キャッシングは、まず借入先によって3つの種類に分けられます。
大きく分けると消費者金融、信販会社、銀行の3つになります。
このうち、消費者金融と信販会社は貸金業者として登録をして営業していますが、銀行は銀行という別のものですから、ここでも区別されます。
消費者金融は最も利用しやすいと言えるでしょう。

 

まる 消費者金融

 

例えば、即日融資のサービスをいち早く取り入れ、カードを使ったサービスを提供しはじめたのも消費者金融です。
また、審査はあまり厳しくありませんから、全体的には利用しやすく、最も手軽なものだと考えられます。
デメリットとしては金利が少し高めになっていると言うことが挙げられます。

 

まる 信販会社
信販会社は分割払いなどのサービスを提供している会社で、クレジットカードを発行していることが多いです。
ですから、基本的にはクレジットカード会社だと考えておいて問題はありません。
信販会社のキャッシングは、クレジットカードに付帯していることも多いですから、クレジットカードと同じように利用する事ができるというメリットがあります。

 

まる 銀行
銀行のキャッシングは、金利が低いというメリットがあります。
消費者金融や信販会社に比べると低い金利で利用できることが多いですから、借り入れとして考えたときには有利だと言えるでしょう。
ただし、デメリットとして審査は厳しいという傾向がありますから、審査に通らなくて利用できない人もいるでしょう。

 

借入先の注意点

消費者金融と信販会社のキャッシングと、銀行のキャッシングは借入先の種類としては明確に区別しておく必要があります。
というのも貸金業法が関係してくるからです。
消費者金融と信販会社は貸金業者として登録されていますから、貸金業法の様々な規制を受けます。
貸金業法で重要なものとしては総量規制があります。
総量規制では、借り入れを出来る金額は年収の3分の1までに制限されています。

 

また、50万円を超えて借り入れをするときには収入証明を提出しなければならないという規制もあります。
ですから、色々な規制が強いと言えるでしょう。
銀行は貸金業法が適用されませんから、これらの規制はなく、例えば収入証明を提出せずに100万円以上の借り入れができる場合もあります。
このような借入先の種類については把握しておく必要があります。
最近では消費者金融に見えても銀行のサービスとなっているものもありますから、注意してみておく必要があるでしょう。

 

利用方法の種類

借入先での分類もありますが、利用の方法でもいくつかに分けることができます。
まず、窓口営業を基本としているキャッシングがあります。
今の時代に窓口で人対人の取引をするというのは古くさいと感じると思いますが、あえて利用したいと考える人も多くいます。
利便性だけを考えればあまり優れていないのですが、借り入れや返済のたびに色々なアドバイスをもらう事ができるというメリットもあります。

 

最近の主流はカードを使ったカードローンです。
カードローンはすでに確立されたスタイルだと言えるでしょう。
銀行でキャッシュカードが発明されて導入されたのと同じくらいの時期に、すでに消費者金融はカードを使ってサービスを提供しはじめたのです。
現在では最も多くの人が利用しています。
最新のサービスとしてはネットキャッシングがあります。
申し込みから借り入れまで、すべてをインターネット上で操作できるというものです。
最近ではスマートフォンやタブレット端末を利用している人も多いと思いますが、スマートフォンやタブレット端末で利用する事ができますから、手軽に利用する事ができるでしょう。
キャッシングを細かく分ければもっと多くの種類に分けることができますが、キャッシング会社を選ぶときには大まかにこのような種類があると覚えておけば良いでしょう。

 

 

やじるし 30万円借りられる!おすすめのキャッシングはこちら


このページの先頭へ戻る