30万円借りたい

30万借りたい!問題はどこで借りるか?

30万円をどこで借りるか悩んでいる人のイラスト

キャッシング会社を比較して選ぶ理由

キャッシング会社によって金利が違う
毎月の返済額が違う
申込める人と申込めない人がいる

 

どのキャッシング会社でも申込める訳ではありません。
金利が安い方がいいなら金利重視、毎月の返済額が少ない方がいいなら返済重視と条件毎にキャッシング会社の貸付条件を比較してから申込むことが大切です!
利用者が多い人気のキャッシング会社から30万円借りた場合の条件を一覧表にしてみました。

まずは借りられるかどうかをチェック!
  • すでに借入をしていて借入総額が年収の1/3に達している人
  • 今回の30万円で借入総額が年収の1/3以上になる人
  • 専業主婦で安定した収入がない人

上記の人は貸金業方で定められた総量規制対象の消費者金融からは借りられません!
総量規制対象外の銀行系カードローンに申込めば借りられます。

当サイトおすすめ画像

30万円借りた時の貸付条件一覧表

サービス 借入の利息 最小返済額 最小返済額での
返済回数
即日融資 区分 詳細
おすすめ画像
バンクイック
14.6% 利用限度額200万円
以下の場合:6千円/月
利用限度額200万超の場合:
3千円/月
返済額により最低
返済回数が違う
最短即日 銀行系カードローン
(総量規制対象外)

申込み
モビット
モビット
18.0% 1万1千円/月 36回 最短即日(※3) 消費者金融
(総量規制対象)

申込み
レイク
18.0% 7千円/月 30日間無利息:67回
180日間無利息:67回
最短即日 銀行系カードローン
(総量規制対象外)

申込み


(※1)イオン銀行ダイレクトに口座をお持ちの方のみ。
(※2)即日融資は平日14時までにWEB契約完了が必要です。
(※3)即日融資は14:50までの振り込み手続き完了で当日振り込み可。審査結果により不可の場合有。


30万円借りる

毎日頑張って仕事をした結果毎月お給料がもらえているわけですが、働いたお金をパッと使ってしまいたいと思うこともあります。
しかし時々やりすぎてしまい、その月の生活が苦しくなってしまったという失敗した経験も少なくないようです。
そんなときに頼りになるのがキャッシングです。

 

一ヶ月の生活費の30万円程度借りられれば、急な出費にも十分対応できます。
またキャッシングは基本的に申し込んだその日のうちに融資が受けられる「即日融資」になっていますので、申し込んで1〜2時間後には融資金が受け取れます。
急ぎで現金が必要な人にとってはとてもありがたいです。

PCのイラスト

さらに最近はインターネットサービスが充実していて、申込〜融資までの手続きがインターネット上でできるプランもあります。
インターネット申込だと、キャッシングの申込のためにわざわざ外出する必要もありませんから、仕事や家事・育児・介護などで忙しい人でも申し込めますし、
家族や周囲の人にキャッシングの利用を知られたくない人にとってはうってつけの申し込み方法です。

 

また返済もインターネットバンキングを利用できますから、パソコンかスマートフォンどれかがあれば、外に一歩も出ることなく融資&返済が受けられてしまうのです。
さらにキャッシングができないと思われる専業主婦でも利用できるキャッシングもあります。
専業主婦のキャッシングは予め限度額が30万円までと決められてはいますが、30万円あれば家計のちょっとした穴埋めには十分の金額です。
急いでいるときにはキャッシングで即日融資が可能な会社を選べばOKです。
(参考サイト:キャッシング即日KTラボ03|当日融資OKの高速キャッシング!

 

このようにキャッシング業界もお客様に利用しやすいよう日々進化しています。
まだキャッシングに申し込んでいないという方はぜひこの機会に申し込んでみてください。

 

申し込みの際には自分が申込めるキャッシングを選ぶことが大切です。
総量規制の対象か対象外かをチェックしてください。

当サイトおすすめ画像

■ キャッシングって何?■
キャッシングを一言で表せば、簡単にお金を借りる事のできるサービスです。
会社であれば業務を拡大するために借り入れをすることもよく行われていて、設備投資をするための借り入れも置く行われています。
しかし、個人でh借り入れをする機会というのはあまりないでしょう。
大きな借り入れをするというと、住宅ローンや自動車ローンが主なものになってきます。
このような大がかりな借り入れではなくて、ちょっとした資金を借りる事ができるのがキャッシングでしょう。
住宅ローンを組む場合には、その金額は数千万円くらいにまでなりますし、自動車ローンの場合でも数百万円くらいになるでしょう。
このような大きな資金ではなくて、数十万円くらいの資金を気軽に借りる事のできるサービスがキャッシングです。
キャッシングの特徴というと、目的を決められないことが挙げられます。
住宅ローンなら住宅を購入するためにしか使うことはできません。
住宅ローンを使って事業を興す事はできないのです。

 

また、実際に現金を手にするわけではなくて、借り入れをすればそのまま住宅の販売車に対して支払われます。
自動車ローンも自動車を購入するためにしか使うことは出来ませんし、やはり借り入れた資金はそのまま車の売り手に対して支払われることになります。
キャッシングではこのように目的が決められているのではなくて、基本的には何に使っても良いとされています。
ですから、例えば生活費の不足を補うために使うことも出来ますし、慶弔費などに使うことも出来ます。
極端に言えば、競馬につぎ込んでも何も言われません。現金として受け取ることができますから、何に使っても良いわけですし、キャッシング会社がそれを調査することもありません。
個人で利用できる借り入れの中では、このように何にでも使うことの出来るサービスは珍しいでしょう。
キャッシングを多くの人が利用している理由の一つが手続きの簡単さです。
通常、借り入れをするときには担保や保証人が必要となりますが、キャッシングでは担保も保証人も必要ありません。
収入があれば利用できる場合が多いですから、多くの人にとって利用しやすいと考えられます。
実際には、どのようなことにキャッシングを使っている人が多いのかというと、たいていは一時的な出費です。

 

例えば、突然葬式が出来た場合には、想定外の資金が必要となります。
このときにキャッシングを利用して資金調達をすることになります。
そのほかにも、交際費として利用している人もいるようです。
大きな買い物をするときに、少しだけ資金が不足していればキャッシングを利用して資金調達をする事もできます。
生活費の一部に当てると言うよりは、臨時的な出費があったときに、次の給料日までつなぐ方法として利用していることが多いようです。
このような使い方であれば、キャッシングは適したものだと言えるでしょう。
キャッシングはこのように非常に便利なものですから、口座開設をしておくといざというときに備えることができるでしょう。
ただし、デメリットがあるということも知っておく必要があります。
デメリットの中でも金利が高いことは特筆すべき事でしょう。
そういった場合には銀行が直接運営するカードローンがおすすめです。銀行系のカードローンばかりの比較をしているサイトもありますので参考になります。(参考:借入レポ
住宅ローンや自動車ローンなら、数パーセントというのが一般的なのですが、キャッシングでは10パーセントを超えるような金利での契約をする事は珍しくありません。
返済可能性によって金利は変わってくるのですが、全体的には金利は高いと言えるでしょう。
ですから、大きな資金を借り入れてしまうと利息の支払いだけで苦しくなる可能性があります。
これを考えれば、キャッシングは少額の資金を出来るだけ短期間だけ借りるのに適したものだと言えます。

関連サイト

専業主婦カードローン ⇒ 専業主婦お金を借りるPlan|主婦が借りれるカードローンだけ紹介
専業主婦でも借りるカードローン会社を選べば借りられます!専業主婦が申込めるカードローンだけを紹介しているサイトです。
(http://www.seiwa-kyo.jp/)


このページの先頭へ戻る